大好きな蟹

北海道の代表的ななカニは毛ガニ

大人気の毛ガニは、漁獲量の多い北海道ではよく知られているカニの代表格です。胴体にたくさん詰まっている身や甲羅部分にあるカニみそを、どうにかして心ゆくまで頂いてほしいと感じます。

 

強いて言えば殻はそれほど厚くなく支度が楽なところもおすすめポイントです。新鮮なワタリガニを買い取った場合は、やはり蒸し蟹と言うものを頂いてみましょう。

 

今年は毛ガニ、いざ通販で買ってみたいというようなとき、「ボリューム」、「活き毛ガニ・茹で毛ガニ」はいったいどうやって決めたらいいのか判断できない方もいるのではないでしょうか。

 

毛ガニときたらなんといっても北海道。産地直送してくれる最高の毛ガニを、ネットショップなどの通販で入手して召し上がるのが、この冬の一番の楽しみっていう人が大勢いらっしゃるのは事実ではないでしょうか。

 

「カニを家族で食べた」時に満腹感をゲットできるのはタラバガニになりますが、カニ独特の絶品の味を確実に戴くことができるのは、ズワイガニになるはずと言った特徴が見受けられます。

 

漁場が有名な瀬戸内海で有名なカニと言うなら、小魚などを食べるワタリガニのことで、足の端がひれの格好となっていて、海を泳ぎ切るということでこのネームが付けられています。甲羅幅が13センチを超えた物でないと獲ることが許可されていません。

 

誰もが知っている毛ガニの蟹味噌は、濃厚さが特徴の絶品となっています火を使って甲羅をあぶって、そこに日本酒をふりかけて匂いを漂わせながら、毛ガニの味噌と身を合わせて食することもおすすめです。

 

なぜ花咲ガニが特別かと言うと、北海道の花咲半島で豊かにある主食となる昆布が関わっています。昆布を食べて大きくなった旬の花咲ガニは、言葉にできないほどの風味を備えたカニなのです。

 

ウェブ通信販売でも好みが分かれるあのズワイガニとタラバガニ。どっちかだけなんてチョイスできない。そうした人には、セットで売られている販売品というのもありますよ。

 

活きた毛ガニは、直々に浜に足を運び、選りすぐって仕入れてこなければいけないので、必要経費と手間がとても掛かります。だからこそ、活き毛ガニを売っている通販の店はないようなものです。

 

獲れる量がなにしろ少なすぎて、昔は全国流通はなかったのですが、インターネットを利用した通販が普通のこととなった今、日本各地で花咲ガニを召し上がることも難しくはありません。

 

お正月の家族団らんに晴れ晴れしさを加える鍋料理を作るのなら、毛ガニを混ぜてみてはどうかなと思っています。日頃の鍋も一匹だけでも毛ガニがあるだけで、急に豪華な鍋に変わります。

 

ワタリガニは、ありとあらゆるいただき方で頂戴することが可能なものとなっています。焼き飯に使ったり、素揚げや味噌鍋もおすすめだ。

 

ボイル調理された花咲ガニ、自然解凍後、二杯酢で堪能するのは絶対おすすめです。ないしは溶けてから、簡単に炙ってからいただいても格別です。

 

ズワイガニとは、水深300m近くの深海に存在し、本州最西端の山口県からカナダ近海まで幅広く生息している、でっかくて食べた時の充足感のある口に出来るカニだと言われています。